· 

<成婚>やっと運命の女性に出逢えましたね!


成婚時31歳男性、初婚、活動期間2年3ヵ月


最近、オーバーサイズの服を好んでます。

 

そういえば20代半ばの頃、アラフォーの女先輩が「この年齢になったら体形を隠す服が欲しくなるねん」と言っていたのを思い出しました。

 

いつもありがとうございます!

高槻の結婚相談所ライトマリッジの武田です!(^^)!

 

今月の成婚者さんは、「やっとやっとやっと、出逢えましたねっっ!!!!おめでとう!」と、腹の底から言った男性です。

 

本当に人柄良い男性で、見た目もイケてるし年収もある。お見合いの日時調整やデート調整は常に女性を優先してのスタンス。

 

相手にわけわからん事をされても怒りを露わにしない。

成婚時に手紙を頂戴しましたが(有難う!!!!)、腹が立った事もやっぱりあったそうです(^-^)。

 

そりゃそうだ!

 

そんな彼が何故結婚に結び付かないか不思議でした。

 

それは、私は彼を知っているから。

 

結婚相談所は、先ずプロフィールだけでお見合をするかしないか判別され、交際になっても、人柄を良く知る前に少しの不安要素で交際終了されてしまう環境です。

 

時間を要してしまったのも致し方なったのかもしれません。

 

彼には結婚相談所での活動を考えた時、不利になってしまう要素もあったので。

 

でも、奥様になられた女性はそんな事にビクともしなかった!

 

彼からその話を聞いた時、堅い絆で結ばれた夫婦になれる!と、直感が走りました。

 

彼女と出逢う為の長い活動期間だったんですね(感涙)。

 

 

彼が成婚手続に来られた時に言っていましたが、お見合いの時から、彼女はこれまでに出逢った女性とは違ったようです。

 

・彼女から話掛けてくれる

・自分に興味を持ってくれている

・会話のキャッチボールができる

 

交際中も、

・彼女からデート場所を提案してくれる

・日程が合わず、「(スケジュール確認して)後で連絡するね」と言ったら、ちゃんと連絡をくれる

 

ええええ!?当たり前の事じゃない!?と思った方も居るかと思います。

 

そんな当たり前の事が出来ない人も婚活市場には居るわけです。

 

あと、彼が彼女の事を良いと思った点に、「ハッキリものを言ってくれる所」がありました。

 

意見が合わなければ、

彼女「それ、おかしいんちゃう!?」

 

彼 「これ、どう?」

彼女「それくらい自分で決めてや」

 

彼 「(目的場所に)行こうか!?」

彼女「いや、行かん」

 

このやり取りだけを聞いたら、彼にもっと優しくしてあげて~、と感じるかもしれませんが、それは私の表現が悪いからですので、誤解無きようお願いします(笑)。

 

交際中、「こんな事を言ったら嫌われるかも」という不安が先走って、思っている事を言えない時があります

 

そういう交際は長続きしません。

 

嫌われる(交際終了になる)ようであれば、所詮それまでの関係。

 

男女問わず、それで交際を終わらせるなら、本音・真実を「言って欲しい」「知りたい」と思っています

 

会員さんには、本音で話せる相手と出逢って欲しいと思います(^-^)。

 

最後に、奥様は「コロナが無ければ結婚相談所に入っていなかったかもしれなかった」そうです。

 

コロナの被害を受けている方が沢山いますが、こんな話も聞けて、何か嬉しい気持ちになりました。

 

おめでとう、幸せになって下さいね。


いつもの成婚祝いと一緒に♪
いつもの成婚祝いと一緒に♪

▼他の成婚会員の話

①ブログテーマ『成婚記録』をクリックする

 

②2021年5月以前の成婚会員さんの話は『成婚会員の記録』にまとめています