成婚会員の数だけ物語がある!

*成婚会員の担当者による感想です(対象会員:2013年9月以降)

*年齢は入会当時の成婚会員の年齢です

*「 」内は成婚会員が発言した言葉・記載下さったール・手紙・アンケートの引用です


2020年6月末成婚退会、46歳男性、

準備中


2020年6月末成婚退会、36歳女性、

準備中


自称「1,000人の女性と出逢った」男性。

38歳男性、再婚、活動12ヵ月


結婚相談所においては会員比率が女性の方が多い事から、一般的には男性の方が有利に婚活ができると言われていますが(勿論条件にがよりますが)、当男性会員も例外では無く、“婚歴が有りながらも”多数のお見合いを組む事ができました。そして、お見合い結果として、モテてました。面白くて話し上手で女性ファースト、マメでデート準備やお店の予約も欠かさない。それでいて男性でありながら女性を魅了する女子力を持つというマルチな男性でしたのでモテるのは判る!なので、より好みはしちゃってましたね・・・(ため息)。

 

そういえば初めて面談した日、婚活パーティーやコンパ等を含む婚活はそれまでもしていたそうで、「出逢いはそこそこあったと思います。多分1,000人位(の女性)との出逢いはあったと思います。でも結婚出来ないんです!」と、1,000人だなんて、オーバーに面白可笑しく盛ったトークなんですが、「僕、モテないんです。」と謙遜されていました。そういう素直な所が彼の魅力の一つです。結婚に繋がらなったのは、より好みしてたのかも(笑)。

 

なかなか彼のハートを射抜く女性が現れず、少し疲れた事が重なり、来月から休会しようかな、と考えていた矢先に奥様に出逢いました

 

彼がピンと来たらそこからは早い早い!ドンドン攻めるのでドンドン話が進むのですが、過去にそれで後悔した経験もあるので「今回はじっくり行きます!」と豪語していたのですが、交際1ヵ月に満たないある日、「やっちゃいました~、真剣交際の申出しちゃいまいた~」と、お茶目なメール報告が届きました(笑)。

 

真剣交際に突入したのが早かったので、これまで見えて無かった部分が互いに見えてきた事もあり、軽い言い争いから時には彼女が泣いてしまうような大喧嘩、感情をぶつけ合う事もありました。大丈夫かな!?と本気で心配した事もありましたが、

 

プロポーズの場所は彼女の大好きな料理のレストランを予約、ダミーの指輪とLED付の箱を用意して(その中には「ちゃんとした指輪購入券」が入っている)、若いカップルの間で流行っている『好きなところ100ブック』を添えて奥様を大喜びさせるような男性ですので、成婚退会の日には二人で手を繋いでラブラブで起こし下さりました(手を繋いでいる姿は、事務所に来られる途中に私が目撃)。

 

奥様も本当に可愛らしい方で、プロフィールを拝見する限りはバリキャリ(バリバリキャリアウーマン)のイメージなのですが、実際はのんびりした印象でふんわりしたトークをする女性で、思わず話を割いて「可愛いですね!」と言っちゃいました(笑)。

 

緊急事態宣言の関係で、双方の親御様への挨拶が済まずにモヤモヤしているそうですが、お二人なら大丈夫!と安心した気持ちにさせて頂きました。因みに奥様が婚約指輪も結婚指輪も本格的に手作りされるそうです。完成が楽しみだ~!!

2020年4月末


ラブストーリーは突然に。

41歳男性、初婚、活動2年2ヵ月


退会を考えている時にお見合いした相手と成婚した男性です。

 

活動約2年でお見合い総数46人。決して楽な婚活だったと言える数値ではありませんが、彼は結婚出来る男性だ!と思っていたので、来る者拒まず・去る者追わずの私が初めて引き留めてしまいました。

 

彼には良い意味でこだわりが無く、細かい事を気にしない(笑)。だけど愚痴をこぼす事もある人間味ある方で、相手に合わせてマメにお誘いする事も出来るので(これ重要)、ハマれば直ぐに結婚に繋がると思っていました。

 

しかし自分からお見合い申込をする事はほとんどなく、来るお見合いを受ける婚活スタンス。自分からの申込みをもう少し頑張っていれば、もっと早くに奥様と出逢っていたのかもしれません。

 

そしてラブストーリーは突然に訪れました。

 

お見合いしてから約2カ月で真剣交際に、真剣交際に入ってから約2カ月後には成婚退会。その間にプロポーズも双方の親御様にも挨拶を済ませるスピード展開。

 

そして二人が一緒に成婚退会の手続きに来てくれた日。奥様が彼を選んだ決め手が印象的でしたので記録に残します。

 

正直、可もなく不可もなくの状態がずっと続いていたようで、担当者にも相談した所、「それなら交際継続しとけばいいんじゃないの?」「それなら継続しておこう」という安易な感じで交際していたそうです(笑)。そんな状態から奥様のスイッチが入った瞬間は、なんと・・・。

 

奥様「いつも彼が奢ってくれるんですが、その日の食事はちょっと高いなぁと思ってたんです。なので、私も出しますって言ったら彼が『高くないから出さなくていいよ』って言ったんです」

 

奥様自身も未だに何故かよく判らないそうですが、「え、そうなんだ・・・」と、何故かキュンとして、その時から彼を見る目が変わったそうです。

 

 不思議なスイッチだと思うかもしれませんが、実はこのような瞬間や出来事、成婚退会する会員さんの話に結構出てきたりします。誰かの何気ないちょっとした仕草や言動が、誰かのハートを射抜く事があるんですよ。

 

追伸:「〇〇さん(←男性会員の名前)なら絶対に結婚できます!」って言ってしまっただけに、成婚が決まって私も本当にホッとしました~(笑)。

2020年4月末


36歳女性、初婚、活動8ヵ月

準備中

2020年4月末


新型コロナウィルスの中、今年第一号の成婚!

32歳女性、初婚、活動1年1ヵ月


もともと他の結婚相談所で活動をしていた女性。最初の面談で話を聞くと、1年程の活動で4回のお見合いをしたとの事ですが、

 

1年でたったの4回・・・。

 

当店で活動している会員は1ヵ月で4回位のお見合いをしている(多い会員だと月に8回以上)と伝えると、ビックリ仰天していたのを今でも覚えています(笑)。

 

女性らしいふあふあの髪に優しい笑顔、私もお見合いの立ち紹介をしている私の母も「彼女なら絶対に結婚出来る!」と思っていました。

 

前の活動で彼女に良き出逢いが無かったのは、少ないお見合い数に原因があると感じました。

 

彼女とのやり取りはメールだけでしたが、困った事や悩みがあれば必ず相談をくれて(長文!笑)、とにかく素直な女性で、私のアドバイスは何でも耳を傾け前向きな姿勢で聞いてくれていました。

 

婚活においてそのスタンスはとても大切な事で、そういう方は高い確率で成婚している感覚があります

 

お見合いは予想通り相手男性からは交際希望の連続。お見合い総数30回の内、彼女が交際希望を出して相手から断られたのはたったの2回だけと、かなりの凄い結果です。

 

そんな彼女ですが、実は男性との交際経験がゼロ。彼女としては不安を持っての活動スタートでしたが、約1年で見事に成婚が決まりました(おめでとうっ)!

 

でもその後がまた大変。新型コロナウィルスの影響で指輪の引取、両家の顔合わせ(結納)、入籍、新居入居、ドレス試着、挙式、ハネムーン・・・、色んな事が先延ばしになった次第です。

 

私達の日常生活に多大なる支障を与えているコロナのせいで、彼女も一時はマリッジブルーならぬコロナブルーの状態にもなりましたが、無事にいつもの可愛い笑顔を取り戻してくれました。

 

最後に、彼女がメールでこんな事を。

 

「私はライトマリッジさんで婚活させていただいてる時に、同じ会員の方(女性)と少しお話させていただいたり、他の方がお見合いの後に嬉しそうに話されているのを見ていて、人と人の縁を結ぶことは大変な事もあるだろうけれど、本当に素敵なことだなと思いました。

 

いつか、私もこの業界で少しでもお手伝いができたらいいなと夢まで持たせていただきました。」

 

当店で人生の伴侶を見付け、また、彼女の仕事観にもちょっぴり影響を与えられたようで、私も凄く嬉しい気持ちです。

 

人の人生に大きく関わるこの仕事に就けている事を、改めて心から感謝したいと思います。一組でも多くの会員さんに素敵な出逢いがありますように・・・。

2020年4月末


幸せになっていいですよ。

41歳女性、初婚、活動1年1ヵ月


お話好きで明るく活発な印象を受ける彼女ですが、実は少し臆病な所があり傷つきやすい方でした。

 

相手に期待をしすぎて裏切られるのが怖いので、自分でブレーキをかけてしまったり、気を遣いすぎて、どうしていいか分からなくなってしまったり・・・。

 

しかし、そんな彼女にも運命の出会いが訪れます!

 

お見合いの時から、「息が合った」と言っていたお相手の方は、何でも隠さずに話をしてくれる男性で、心配性の彼女が色々考えるよりも先に直接話を聞けるような環境を整えて下さいました。

 

今まで悩んでいた事が嘘のように成婚退会まで一直線でした♪

2020年4月末


「自分の理想と結婚相手は違うんだ」

33歳女性、初婚、活動4年4ヵ月


タイトルは、成婚が決まった時に彼女が言った言葉で、とても印象に残ってます。

 

活動丸2年になる頃から「もう止めようかな・・・」と、言ってました。そこから1年頑張り、婚活3年目の後半、婚活の意欲が感じられない状態で事務所に面談に来てくれました。

 

彼女に申込下さっている男性が居たのですが(それが旦那様!)、婚活の意欲が低下している時で、自分の理想とも異なるタイプだったので、お見合いを受けようかどうか悩んでいました。そこを後押して、お見合いが成立。

 

彼女の中では婚活を諦めている状態だったので、「いつ断ってもいいし、断られてもいい」という気持ちで交際していたそうです。

 

なので、マメに連絡を入れないと!という婚活特有の義務感が無く、当初は彼女から彼に連絡する事は無く、彼からLINEが入った時にだけ返信していたそうです(その返信は直ぐにしていた)。

 

デートの日まで彼の事は考えないし、デートも「今日楽しかったらそれでいいや~」位にしか思っていなかったとか。

 

その開放感が功を奏し彼女は常に自然体で居られ、旦那様にも彼女本来の魅力が伝わったのだと思います。

 

「婚活疲れ」という言葉が登場し、その後、「婚活止めたら結婚できた」的な言葉が流行り(?)ました。この真の意味は、「婚活を止めたら」ではなく、婚活経験者なら誰もが陥る「こんなこと言ったら相手に何て思われるだろう」「断られたらどうしよう」「嫌われないよう言動に気を付けよう」「〇〇しないと」という、「婚活の圧迫感・義務感を捨てたら(結婚できた)」という事だと私は思っています。

 

このような成婚ケースが同年5月の成婚会員女性の中にも居ました(成婚会員の記録~もっと見る③「婚活やめようと思ったいた時に出逢った人」参照)。

 

最初は、彼の事を好きかどうか判らないと言っていた彼女が、今では「〇〇ちゃん(旦那様のあだ名)が大好きです♪」と、目をハートにして言っています。本当に幸せそうでした。成婚手続に来た彼女は、とても綺麗になっていました。

 

▼アンケートで印象に残った彼女の言葉

Q)活動を通して悩んだ事や辛かった事を教えて下さい。

 

A)自分がおかしいのではないかと思い悩むことが多かったです。相手の欠点を探すクセが出てきて、お見合いすることが辛くなりました。

2019年11月末


一転二転三転、ドラマ的展開!

36歳女性、初婚、活動5年6ヵ月


これまで数多くの成婚会員さんを見送って、その数だけ各々のエピソードがあるわけですが、彼女の成婚退会は本当に本当に「良かった!!!!!」の一言に尽きるストーリーとなりました。

 

活動期間は5年越え、お見合いして交際にもなるのですが、交際する人する人、いよいよという時に何か問題が発生する(転職中だった・多額の借金が見え隠れ・持病あり等)事ばかりでした。

 

彼女の口癖は「普通の人と会いたいです」。

 

そして最後に出逢ったのが今の旦那様。これが上手く行かなかったら結婚を諦めますと、心に決めての交際でした。

 

交際はとても順調で、二人の関係は良い方向に進み、お見合いして約3か月での真剣交際に突入となりました。

 

そんな時に出てきたのが「身上書・家族書」問題。

 

昔はその存在はごく普通のものでしたが、現代の婚活ではある意味厄介な存在にもなっています。

 

互いにそれを必要とする価値観なら何の問題も無いのですが、人によっては「自分そのものでなく、家柄や身分を見て選定されるのは嫌だ」と、好まない方も多いのが実情です。

 

身上書や家族書を求められて(または求めて)、破談になりましたという話は、他の結婚相談所さんからも耳にしたりします。

 

彼女も先ずはこの問題が勃発(どちらがどうか等の詳細は控えます)。ですが彼女自身の力で見事に乗り切ってくれました。男前でした~(笑)。

 

ですがそれを発端に大小様々な問題が出てきて、正直私の頭にも「交際終了になるかも・・・」との気持ちがありました。経験上、私が交際終了になるかもと考え、交際終了とならなかったのは彼女が初めてです。

 

そのような状態で、そこからまさからの彼からのプロポーズ!信じられないビックするタイミングでのプロポーズで、彼女自身も非常に驚いていましたが、「こんな私で良ければ」と、快諾しました。

 

これでようやくまとまるのかと安堵したのも束の間、プロポーズを受けて2週間も経たぬ内に、彼から今度は破談の申し入れ。それも二人で話し合た結果では無く、ある日突然の彼の相談所からの電話連絡でした。まさに青天霹靂でした。

 

長くなるので、結論を申し上げます。その後どうなったかというと、こちらから相手に四者面談(当店会員・私・相手会員・相手担当者)を要望して実施、そこで原因を紐解き解決策を提案。そこからはあれよこれよと順風満帆に事が進み、プロポーズ撤回破談のXデーからわずか2ヶ月程で両家の顔合わせが済む運びになった次第です。

 

両家の顔合わせは、今までの事は一体何だったんだ!?と、家族の誰もが疑うほど円満な内容だったそうです。この成婚物語はこれからもずっと、語り継がせて貰います!笑

2019年11月末


姪っ子が後押し!?

34歳女性、初婚、活動7ヵ月


実は、交際が始まったばかりの頃は、ぐいぐいアタック下さる旦那様に若干引いていた彼女。

 

ハッキリした女性で、その正直な気持ちを彼本人にも伝えていました(笑)。

 

ですが、そのような竹を割ったような彼女の性格が逆に好感持てたのか、参加型イベントに行った2回目のデートでも、彼を放ってイベントに夢中な彼女の楽しそうな姿を見て、「嘘偽りの無い素直な女性だ、この女性だ!」と、旦那様は心に決めたそうです。

 

旦那様も大らかな心の持ち主ですね(笑)

 

彼女も旦那様の猛烈アタックに飲み込まれ、心動いていきました。

 

ついには彼女の姉妹が出産間近との事で、年内に色んな事を終わらせなければならない!?との話になり、あれよこれよと進み、年内での挙式の日取りが決まった次第。

 

今年3月に入会して、5月に旦那様になる彼とお見合い、最初は一歩も二歩も引いていた交際でしたが、10月に成婚退会して12月には挙式!

 

これも姉妹のお腹にいる姪っ子の後押しのお陰かと!笑

 

二人揃って成婚手続にお越し下さりましたが、とてもお似合いのお二人でした♥

2019年10月末


お疲れ様です!!

44歳男性、初婚、活動5年5ヵ月


いゃ~長かった(笑)。

 

彼が入会下さった時の年齢は38歳。当時の相手希望条件の1つに33歳位迄の女性というのがあったのですが、なんとビックリ!奥様は成婚退会時34歳(交際開始時33歳)と、活動開始から5年経った後も、当初の希望条件を叶えた男性です。

 

彼は東北地方にお住まいで(実家が当店のお近く)、実は面談したのが2回のみ。

あとは専らメールでのやり取りとなりました。

 

ですが細かく近況やお気持ちをお知らせ下さる男性でしたので、遠く離れた会員さんでしたが問題なく活動して頂けました。

 

奥様となったお相手とは、真剣交際に突入する際、すんなり突入できたわけでは無く、互いが本心で話せていなかった事から、一時は交際が危ぶまれる事もありました。

 

ですが将来の結婚観を語り合う時間を設けた事で、これまで見えていなかった相手の価値観が判り、この人となら・・・と、無事に成婚退会を迎える事が出来ました。

 

帰省された際、奥様同伴で事務所に起こし下さる日を楽しみにしております!

2019年9月末


コレで結婚が一気に縮まった!

49歳男性、再々婚、9ヵ月


2度の婚歴があり、その条件だけでいうと不利ではありますが、初めて面談して話を伺った際、「彼ならイケる!」と思いました。

 

年収が高く、お人柄がとても素敵な男性だったからです。

 

予想通り活動を始めて直ぐに複数の女性とお見合いが成立し、そこから交際にも発展しました。

 

奥様になられた相手は初期にお見合いされた女性。つまり、活動を開始して直ぐに奥様に出逢ったわけですが、成婚退会するまでには7カ月を要しました。

 

お互いに何となく結婚を意識しているも、具体的な話へと中々発展しなかったのですが、あることがキッカケで事が一転!

 

それがコレです!

https://nyuseki-bakery.com/

 

直接的な表現になるかも・・・と悩んだそうですが、勇気を出してお誘いされた結果一気に話が進み、後を押すように良い物件が見つかり、何となく見学に行ったその場で賃貸の仮契約をされました(笑)。

 

結婚を決めるにはある程度の勢いも必要です。でもその勢いをつけるために、何かキッカケも必要だと思われれる結婚でした。

2019年8月末