· 

<成婚>婚活を止めると決めた状態からの大どんでん返し!


成婚時36歳女性、初婚、活動期間1年2ヵ月


大阪高槻市の結婚相談所ライトマリッジです!

 

今回の成婚会員さんの話は、婚活女性に一筋の光を差してくれる内容かもしれません(^^)!

 

彼女、婚活を止めようとしていたんです。いいなぁと思える男性に中々会えなくて。婚活女性によくある話ですね。

 

退会を目前にお見合いしたのが今の旦那様なんです。

 

婚活を止めようとは考えていましたが、お見合いで良い感じの印象を受けたので、これで最後との気持ちで交際希望の返事を出しました。

 

退会宣言をしていましたし、これまでの彼女の交際でも彼女から早い段階(1カ月位)で断ってばかりだったので、正直、今回もそうなるのかなぁと・・・。

 

ところがどっこい、1カ月が過ぎても彼女から交際についてのマイナス発言は無く様子を尋ねると、決して前向きなプラスな気持ちではないものの、「一緒に居てしんどくない」とのことで、なにやらいつもと違う。

 

で、お見合いしてから2カ月後には真剣交際に入っちゃんですよ!!

 

でもその際も、彼女の彼との結婚の意識は5段階で3段目と、真ん中。結婚したいわけでもしたくないわけでも無い、よく判らない気持ち。

 

ただ、彼女の中では今までそんな気持ちにすらなった事が無いので(いつも交際を彼女から断っていた)、「今までとは何かが違う」とは認識されていました。

 

真剣交際からは4カ月でプロポーズを受けて成婚退会が決定。

 

その時の彼女の気持ちは「彼と結婚したい!」に、見事に変わっていたんですよね~(^^)!

 

真剣交際に入る際ね、彼女は自分の結婚への意識が未だ5段階の3段目である事を正直に彼に伝えたんです。

 

それを聞いた彼は、徹底的に彼女の気持ちに寄り添い、結婚を焦らせる事無く待ってくれました

 

結婚へ踏み切るために、双方のご家族に挨拶もしました(結婚のお許しではなく、真剣に交際している方、という形)。

 

そこで反対の声が出なかったのも後押しになりました。「焦らずゆっくり考えたらいいよ」との双方の親御様の言葉も彼女にとっては大きかったようです。

 

「焦らなくていいんだ」と(^^)

 

婚活を止めると決めた状態からの大どんでん返し!!縁って本当に不思議です(感涙)。

 

 

 

彼女が成婚手続で来店された際、「1年前の今頃はこんな事になるなんて考えても居ませんでした」と感慨深く仰ってしました。

 

そうですよね、1年前の今頃は退会しようとしてましたもんね(^^)

 

素敵な出会いを本当に有難うございます!!!

 

武田とショット!
武田とショット!

 2023年8月末成婚退会


▼他の成婚会員の話

①ブログテーマ『成婚記録』をクリックする

 

②2021年5月以前の成婚会員さんの話は『成婚会員の記録』にまとめています